いま外房でボトムスラッシュが大当たり中

2014/06/10
総合 テクニック
フラットフィッシュを1時間で5本。驚くべき釣果を出しているジグヘッド。

メガバスの新作ジグヘッド「ボトムスラッシュ」

まずは何より上の写真を見ていただきたい。これは、キャスティング市原16号店の原田恭平さんがメガバスの新作サーフ用ジグヘッド「ボトムスラッシュ」で仕留めたフラットフィッシュ達。1日に7本ヒラメをかけたり、71cmのマゴチを上げたり、1時間で5本のマゴチを上げたり、驚くべき釣果を出している。

なぜボトムスラッシュがいいのか? この点について原田さんに話を聞くと、以下のようにこのルアーのメリットを語ってくれた。「ボトムスラッシュはジグヘッドの前面に特徴的なブレードが付いているのですが、これが水を嚙むので、普通のジグヘッドでは出せない波動やフラッシングが出せるんです。これは大きいですよね。しっかりボトムを引いてこられて、これだけ波動やフラッシングを出せるルアーっていままでなかったと思います」

 

投げて巻くだけ。 水深の少しあるサーフで使いたい

テクニックについては、特に難しいことはしていないという。「基本的に投げて、沈めて、ゆっくり巻くだけです。飛距離も出ますし、これで十分なんですが、フィッシングステーションをご覧の皆さんにこっそりおすすめの使い方をご紹介すると、少し水深のある場所で使ってもらいたいですね。房総だと和田のローズマリー公園なんかは割と水深があるのですが、こういった場所では皆さんが投げているミノーでは探れない水深をしっかりアピールしながら誘えます。こういったミノーで攻めきれない場所は、まさにボトムスラッシュにピッタリなポイントです」

組み合わせるワームについては、同じくメガバスのブラックバス用ワーム、スリングシャッドが一番好相性とのこと。ただ巻いてくるだけで絶妙な波動を発生させる新感覚のジグヘッド、他のアングラーが使い始める前に投げていい思いをしておいては?

 

原田恭平
キャスティング市原16号店スタッフ。サーフの釣りはもちろん、ヒラスズキ、ショアヒラマサなどのコアな釣りも楽しむ。「サーフの釣果情報など、新しい情報をいつも仕入れています。ぜひ一度お店に遊びにきてください」

 

MEGABASS|BOTTOM SLASH
タイプ|ジグヘッド
全長|60mm
重量|30g
カラー|8色
入り数|1個
価格|1,296円(税込み)
HP| http://www.megabass.co.jp/site/b-slash