山内勝己|東京湾ナビゲーター 12月編 PAGE2

2015/12/16
テクニック

常に一本のランカーに対して多くを考え、そして学ぼうとするのが重要

これらには勿論、経験からくる知識や情報というのが必要不可欠になりますが、デカいのが釣れるポイントを知ったらなんでデカいのが着くのだろう? どんなタイミングで釣れたのか? シーズンは? タイミングは? その時のフィールドの状況は? この様なことを意識し自分の中で出来る限り情報を集め、そして知る事が必ずプラスとなる要素となります。一本釣れたらその時なぜ釣れたか? それを出来る限り探す、それが次に繋がればまた新しい発見もあり、また確信に近いものも得ることができるかと思います。ここまで、当たり前の様な事を長々と書かせて頂きましたが、この当たり前の様な事が一番大事だと私は思っております。常に一本のランカーに対して多くを考えそして学ぼうとする、これは大切です。

 

ランカーは目の前を通るルアーに反応しやすい

ここまで私個人的な理論というか考えを書かせて頂きましたが、最後にランカーシーバスへのアプローチで一番意識することについて書かせていただきます。それは「いかにルアーを自然に見せて目の前に違和感なくルアーを送り込むか」ということで、私はこれを常に意識します。デカいシーバスほど横着で疑い深くなります。これは人間と一緒です、歳を重ねるほどずズル賢くなりますよね(笑)。ベイトパターンや大型の群れでルアーを果敢に追って食うことも有りますが、基本的にはいかに楽に目の前のベイトを食うか!ということを考えています。

 

まとめると

以上をまとめますと、デカいシーバスが着く場所を知るまたは予測する、そこに極力ナチュラルにシーバスの目の前にルアーを送り込んであげるというのを意識することが大切で、一年を通してサイズを狙うのであればこれが重要だと私は思っております。写真の魚は80ジャストのシーバスでボトムを意識し流れを利用してよりナチュラルにルアーを送り込んで獲ることのできた1本です(ルアーはロンジン|メガプレックス)。ということで今月の東京湾ナビゲーターはランカーシーバスについて書かせて頂きました。シーバス釣りの魅力は沢山ありますが、そのひとつに身近なターゲットながら迫力ある大きい魚が釣れるというのもこの釣りのひとつの魅力かと思います。是非、記録・記憶に残るような1本に出会い、今後もシーバス釣りを楽しんで頂けたらと思います。

 

「一年間有難うございました!」

最後に今年一年「東京湾ナビゲーター」をご覧頂き誠に有り難うございました。来年も皆様に少しでもお役に立てる様な内容、楽しんで頂ける内容を発信できるよう努力させて頂きたいと思います。2015年も残り僅かですが、皆様が安全に釣りを楽しめますよう、また2016年も安全に釣りを楽しめ、良い釣りが出来ますことを願っております。一年間有難うございました! 2016年もFISHING STAITION並びに東京湾ナビゲーターを宜しくお願い致します。

山内勝己

 

山内勝己
最低週3回の釣行を欠かさず、膨大なデータに基づいた旬な情報を皆さんにお届けする本企画のナビゲーター(案内人)。東京湾のシーバスシーンでいま最も注目を集めるアングラーのひとりで、論理的なスタイルと謙虚な人柄から多くのファンを持つ。ロンジン・フィールドテスターを務め、他にも数多くのメーカーのサポートを受ける

バックナンバーはこちら

 

タックルデータ
[ロッド] ダイワ|モアザンAGS 93ML[DEMON POWER COMMANDER]
[リール] ダイワ|セルテート2510PE-H
[ライン] ダイワ|モアザン12ブレイド 1.0号
[リーダー] ダイワ|モアザンリーダーF 20lb. 
[ルアー]  ロンジン|メガプレックス

 

PHOTO GALLERYへ