10月のエギング|絶対知っておきたい3つのコト

2015/10/01
総合 テクニック
絶対に知っておきたい「10月のエギング必勝パターン」を名人が解説。

文=野中功二

例年とは少し様子が違った9月。良型も少しずつ姿を見せ始めた

完全に秋モードですが、皆さん釣果はいかがでしょうか? 9月、私のホームの伊豆では例年通り水温が下がり出し安定はしていますが、早生まれのアオリイカがコンスタントに上がった昨年とは異なり今年はその傾向がそれほどなく、新仔サイズもポロポロ見える感じにとどまっています。日中にエギにチェイスするのは2.5号のエギと同じくらいのサイズのイカがメイン。しかし、良型も単発ながらそこそこ出始めている状況です。

 

10月は産卵時期のバラツキから良型、新仔が入り混じりそう

さて10月の状況についてですが、今後は回遊型のイカ+早生まれの新仔を狙うパターンに徐々に移行していきます。ポイントも湾内では小型サイズ、外洋に接している場所では夜間に良型を狙うことができるようになります。成長の早い新仔の個体を狙う場合は、シャローを絡めたより潮通しの良い沖側のポイント(回遊ルート)を狙う形になるでしょう。今年の産卵時期のバラツキから既に1.2kgの良型もキャッチされています。親指サイズからキロUPまで入り乱れる展開となりそうです。また、これまではデイエギングがメインでしたが、秋が深まるにつれてナイトエギングメインに移行していきます。

  

【キーワード1】とにかく最初は派手なアクションで

さて、ここからは10月のメソッドについて解説していきたいと思います。今回は3つほどキーワードを用意しましたので順にご説明していきます。まずは最初のキーワードは「誘い」です。新仔から沢山ベイトを食べ大きくなっていくアオリイカは新仔のイカでも好奇心も食欲もおおせいでエギに果敢にアタックしてきます。今までの春の誘いではスローが基本になってきていましたが、やはり好奇心おおせいなこのサイズ狙いには派手なアクションや速いテンポでスイッチを入れ、手を出させる作戦が有効でしょう。時には手を使わせるのにスローなパターンも有効ではありますが、まず最初はやる気のあるフレッシュなイカを狙っていったほうが、結果が早く出るのでオススメです。

 

【キーワード2】夕マズメからがチャンス。中層より上を意識

この時期、アオリイカの天敵である青物の回遊が頻繁に見られますが、やはり時間帯的には青物の回遊が一段落してからイカの回遊が始まると感じています。また、沢山エサを食べて大きくなろうとしているイカは夜間、底よりも中層から表層を意識しています。潮に乗って堤防周りにやってくるアオリイカや堤防周りのシモリについて捕食タイミングを狙っているアオリイカが活発に動き出すのもこの時間帯です。このような理由から、夕マズメは群れに当たれば良型の数釣りができることも少なくありません。これが2つ目のキーワードです。なお、ベイトの存在・回遊も同時に関係していると思いますが、堤防周りにアオリイカのベイトであるネンブツダイやナミノコなどが表層に浮いていればチャンスはさらにアップすると思います。

 

【キーワード3】浅場から深場へ。ポイントは港湾内から外洋方面へ

港湾内では基本的に小型のイカが多く、外洋の潮の流れのあるベイトが多い所には良型がいます。小型のイカは外敵から身を守り湾内でネンブツダイやナミノコなどを捕食していますが、早生れのイカは既に大きくなり、自分の体に合った大きさのベイト(アジやイワシ)を求めて外洋へと向かいます。このように考えると、これからのシーズンはイカの成長にともなって自然と港湾から外洋へポイントが移動していくと考えられます。少し前まではシャローでも釣果が出ていたので、ついそちらも気になるところなのですが、この時期になるとやはり水深のある場所や夜に狙いを切り替えることが出来たアングラーが釣果を残しているように感じます。
以上、10月に私が意識していることをまとめてみました。なお、私のホームの伊豆でこの時期、伊勢海老の刺し網漁が実施されていますので早めに堤防に付き、その様な情報を入手するとエギのロストや漁師さんとの問題も起きずいいと思います。では、皆さん、楽しい秋イカシーズンを満喫してください。

 

野中功二
おそらく伊豆エリアで年間を通して一番エギングをしている人。豊富な経験とスキル、情報網を持ち、有名プロアングラーからも絶大な信頼を寄せられる。伊豆烏賊人(いずいかんちゅ)所属。

 

使用タックル
[ロッド] ゼスタ|クラウドサーフ90、ウィードコースト80
[リール] シマノ|バンキッシュ3000SDH
[ライン] デュエル| アーマードPro 0.8号
[リーダー] デュエル|エギングリーダー 2.5号
[エギ] デュエル|EZ-Qマグキャスト 3.0号
[エギ] ヨーヅリ|パタパタQ 2.5号
[エギ] ヨーヅリ|アオリーQエース 3.5号