木村仁|メーターへの道 第12章

2015/09/07
総合 テクニック
この頭の大きさ。連載開始から1年、ついにメーターの壁は破られたのか・・・!?

文=木村仁

秋の訪れを肌で感じる季節になりました

猛暑続きだった8月のシーバスゲーム。水温も高水温となり、アングラーも釣行するのが厳しい季節ではありましたが、お盆を過ぎれば季節は急変! 最近になり秋の訪れを感じる季節となりました。僕が通う茨城のフィールドではお盆を過ぎればシーバスシーズンも後半戦となり、メーターシーバスを捕獲するならこれからの後半戦が勝負時期になります。

 

高水温期にシーバスが集まる場所

さて、猛暑続き高水温とシーバスからしたらバッドコンディションの水質となる8月。そうした状況でもシーバスが快適に過ごせるエリアというのがフィールドにはいくつか存在します。涸沼水系ではシャローフラットが続くオープンエリア。シーバスは水温の影響も受けやすく、シーバスもルアーへの反応が非常に悪くなります。しかしながらシーバスも生きる為には酸素が多少なりとも豊富で水温が少しでも低い所には集まって来る習性がありますね。またベイトとなるイナッコも同じく高水温より少しでも水温の低い場所に集まる為、そうした場所でシーバスの捕食が行われます。

 

シーバスのボイルを追いかける

エリア次第では朝夕そして夜でもシーバスのボイル音が聞こえる場所があり、僕はそうしたエリアを探し周ってポイントにエントリー。ボイル音が聞こえるのでシーバスは水面から水面下を意識してイナッコを捕食している様子だったので、ルアーはポジドライブガレージの「スパンクウォーカー90」をチョイス。まだテスト段階のプロトルアーですが、水面直下を意識しているシーバスにルアーのお尻をブリブリと振りながらアクションするルアーでシーバスにアピールします。

 

ポジドライブのプロトシャローランナーに突然のバイトが

先日の釣行では、大量のイナッコが岸から沖に移動していく際、至る所でボイルが発生する状況でした。そこでスパンクウォーカー90を使用。ゆっくりとリトリーブしていると突然重量感を感じるシーバスがヒット! 計測してみると96cm、7kg。キャッチした瞬間は、シーバスの顔の大きさからしたらメーター位有るんですが4cm足りず・・・(笑)。まぁ立派なサイズには間違いないですし、僕の中ではメーターシーバスは幻の存在。そう簡単には釣れませんね(笑)。しかしスパンクウォーカー90が良い魚に出逢わせてくれて非常に嬉しい思いです!

 

その他88cmをキャッチするなど上出来だった8月

この他にも同じくポジドライブガレージの仮称「フランク・サッパ100」で88cmをキャッチしたりと8月のシーバス釣行も数々のランカーシーバスに出逢うことができました。愛用ロッドはアピアからこの度発売となるNew Foojin’ADフロウハント810ML。96cmのシーバスにも負けないパワーを持ちつつ、ウェーディングの釣りや河川の釣りで非常に扱いやすいロッドです。トップウォータープラグやペンシル系ルアー、バイブレーションまでルアーを扱える所もお気に入りなロッドです。

さて、いよいよ僕の通う茨城のフィールドは秋を迎え、これからが本格的なシーバスハイシーズン。メーターシーバスに出逢える様に9月もフィールドに通い詰める日々が続きそうです!(笑)

 

木村仁(きむらひとし)
いま最も注目される若手シーバスアングラーのひとり。1984年生まれ、茨城県在住。日々ランカーシーバスを追い、自己記録は102cm・11kg。本企画を通して人生2本目のメーターに挑む。愛称は「キムラックス」

バックナンバーはこちら

 

「メーターへの道」現在の最長記録:96cm

 

使用タックル
[ロッド] アピア|Foojin’AD  FLOW HUNT810ML
[リール] シマノ|ステラ4000
[ライン] バリバス|アバニ シーバスPEマックスパワー トレーサー1.2号
[リーダー] バリバス|シーバス ショックリーダー ナイロン22lb
[ルアー] ポジドライブガレージ|スパンクウォーカー90
[ルアー] ポジドライブガレージ|フランク・サッパ100(仮称)