なぜ上級者は「豆アジング」に熱中するのか

2015/05/18
総合 テクニック
エキスパートほど「豆アジ」シーズンを心待ちにしている。それはなぜか?

様々なターゲットが好期を迎えています

こんにちわ! 幸田樹典です。すっかり暖かくなり、夜の釣行にも行きやすいシーズンになりました。釣り物も色々と釣れる季節になり、これから狙えるターゲットはアジ、日中ロックフィッシュ、ゴロタエリアで狙うクロソイ、そして早朝サーフのライトショアジギング、日中のトップチヌ、ナイトゲームの底ズルチヌなど実に多彩。本当に良いシーズンです。

 

「豆アジ狙いこそ最適なトレーニング」と語るエキスパートも

これからはそんな旬なゲームについて記事を書いていきたいと思っていますが、今回はその第1弾ということで「アジング」について記事をアップしたいと思います。僕のホームの和歌山エリア(南紀エリア)始め各地で盛り上がるのが「豆アジ」ゲーム。アジの大きさは8~12cmほどと、まさに豆サイズなのですが、これがまた非常に難しくバイトは無数にあるもののフッキングさせるのはなかなか難しく、いい大人がすっかり夢中になってしまいます。またこの豆アジのアタリを掛ける練習をしておくと大きいアジを狙うときにもショートバイトを掛けられるようになるので、上級者の中には「豆アジングこそ最適なトレーニング」という人もいます。もちろん初心者のトレーニングとしても最適で、豆アジ釣りに慣れてくれば中〜大型狙いのときも獲れる数が自然に伸びてくると思います。

 

普段のアジングタックルでOK。ジグヘッドは軽めをチョイス

さて、まずは豆アジ狙いのタックルについて。ロッドやリールはもちろん普段のアジング用、ライトゲーム用でOKですが、僕の場合ジグヘッドを普段使っている1g前後ではなく0.4g前後の軽いものを使用し、フックサイズも#10クラスをよく使用しています。またワームについては、普段使っているワームをそのまま使用しますが、アタリが少なかったりフッキングが悪かったりするときは、少しずつワームをカットしていきそのときの状況にあったサイズに変えていきます。

 

レンジはほぼ「表層」オンリー

豆アジのポイントは基本的には大きいアジのポイントと同じですが、より常夜灯まわりに付きやすい印象があります。レンジについては豆アジは割とはっきりしていて、ほぼ「表層」でOK。水面から1m以内でヒットするので、0.4gのジグヘッドであればカウントダウンは10秒以内で。レンジを絞りやすいので、僕は初心者にも豆アジングをオススメしています。

 

カーブフォール中に出るアタリを掛ける

アタリはリトリーブ中に出ることもありますが、フォール(カーブフォール)中にコツコツと出ることが多いです。それを掛けていく訳ですが、アワセについてはあくまで素早くアワせるということで僕はこれという正解はないと思っています。ただ、豆アジはバイトの数も多く練習する機会も多くあるので、これを機に自分のアワセのスタイルを確立していただくのがいいのかと思います。

 

カラーローテはスレる前に

最後にひとつ僕からアドバイスをするとすれば、カラーローテーションは「釣れなくなってから」ではなく「釣れている最中に」することで、より数を釣ることが可能になると思います。アジが飽きる前にワームのカラーを変えることでより長くアジを釣り続けることができるので、ぜひこれを意識してフィールドに立っていただければと思います。それでは、シーズンの豆アジング、ぜひ楽しんでみてください!

 

幸田樹典
三重・紀宝町在住。ライトゲームを中心に、ブラックバス、青物など様々旬のターゲットを狙う。近年はボートアジングの開拓に注力。バレーヒルのフィールドスタッフ、ゼスタ、フィッシュアローテスターも務める。

バックナンバーはこちらから

 

[ロッド] ゼスタ|ブラックスター TZ TUNED S62
[リール] シマノ|レアニウムC2000HGS 
[ライン] YGK|アンバーコードSGフロロ 0.2号
[ワーム] カルティバ|アジネクトン  
[ワーム] フィッシュアロー|フラッシュJ 1インチSW 
[ジグヘッド] カルティバ|メバル弾丸