三重方面でボートアジングが人気上昇中

2014/05/30
テクニック
釣れるのは、ほぼ尺前後。三重県尾鷲を中心に、ボートアジングがジワリジワリと注目を集めている。

尺前後の数釣りが楽しめる!

こんにちは。モリックスジャパン、ゼスタのフィールドスタッフを務める幸田樹典です。

最近僕の地元の三重県尾鷲方面では、ボートアジングが人気急上昇中です。港からすぐ、岸からではちょっと届かない場所まで出ると、そこは良型のアジの数釣りパラダイス。だいたい日が落ちて4時間程度の釣りで、数的には30〜40匹、サイズはほぼ尺前後(28〜34cmくらい)なので、そりゃ人気が出ない訳ないかって感じなのですが。

 

今回はハードルアーの釣り方を解説

アジングと言えばワームってイメージが大きいと思いますが、ボートアジングではワームはもちろんハードルアーでの釣りも有効。プラグはメバル等で使用している4~5cm程度のシンペン、バイブレーション、ミノー等がメインになり、ジグに関しては3~7g程度が最適。

多くのアジはリトリーブ時にはバイトせず、アクション後の1~3秒程度のポーズした時にバイトすることがほとんど。身近な釣りで例えたらメッキや渓流アマゴと似ていますかね。アタリも明確に出ますが、フッキングするまでが以外と難しいです。ちなみに僕の場合はバイトしてから1~2秒遅らせて(ワンテンポずらして)からアワセを入れています。

これはプラグ等には限らずジグに関しても同様。ジグの場合は大体がフォール時にバイトしてきてアクションに関してはワンピッチのジャークまたは3~4回シャクリその後のフォール時に大体バイトもしくはヒットする事が多いです。

誘い方は大きくシャクるのがいい時もあれば小さくティップでシェイクする時がいい時とその日によってパターンが違う事も多々ありますのでその辺りは自分なりにヒットパターンを見つけていく方が楽しめると思います!!  

ちなみに、尾鷲方面では18時出船で22時くらい沖上がりというのが一般的で、料金は6000円ほど。通常のアジング、メバルタックルで楽しめるので、近県にお住まいの方はぜひお試しください。普段あまる出番のないプラグを使って狙うアジングについつい夢中になって楽しめると思いますよ!!

 

幸田樹典
三重・尾鷲在住。アジを中心に、ブラックバス、フラットフィッシュ、青物など様々なターゲットを狙う。近年はボートアジングの開拓に注力。バレーヒルのフィールドスタッフ、ドレスモニターも務める。

 

使用タックル
[ロッド]ゼスタ|ブラックスターS63S 
[リール]シマノ|レアニウム2000HGS 
[ライン]サンライン|PE-EGI0.4号 
[リーダー]サンライン|Vハード0.8号 
[ルアー]モリックスジャパン|ジュバリーノ  
[ルアー]ゼスタ|アフターバーナーミニ 3~7g 
[その他]DREES|ドレパンミニ 

 

船宿|真祐丸(三重県尾鷲市 岡船長)
料金|1人6000円(18時半~22時半)
HP|http://www.za.ztv.ne.jp/sinyuumaru/