渡邉長士|秋のショアマサゲーム完全攻略 後編

2014/10/07
総合 テクニック
秋のヒラマサシーズン開幕。この秋も順調に釣果を出している渡邉長士さんが狙っているのは意外なポイントでした。

ヒラマサ狙いの意外な穴場は「ワンド」

FISHING STATION!(以下、F!) 前回に続いて今回もショアマサのお話を伺っていきます。早速ですが、秋のヒラマサゲームで狙い目になるような場所ってどんな所でしょうか?

渡邉長士(以下、渡邉) そうですね。基本的に回遊魚狙いですので潮通しの良い場所であることが前提条件になります。その上で特にヒラマサに関しては足下から水深がある場所であることが重要です。

F! ということは磯場がメインになりますか?

渡邉 必ずしも磯だけが良いとは限りません。外洋に面した漁港などでも結構足下から水深がある場所もあります。実際に僕も漁港から何度もいい思いをしていますよ。

F! なるほど。「FISHING STATION!」の撮影で93cmを釣ったのは磯場のワンドでしたね。先日プライベートでご一緒したときもワンド内でボイルが起きたりもしました。ワンドって意外と狙い目ですか?

渡邉 はい。実はこの「ワンド」って、ヒラマサのかなりいいポイントなんです。下手したら対岸までルアーが届いてしまいそうな小さなワンドでもヒラマサは意外と入ってきます。

F! 先日は朝マズメに水深1mもないような場所にベイトを追い込んで捕食していましたね。

渡邉 特にワンドは朝マズメが狙い目です。ベイトは夜間にワンドに溜まるのですが、朝になるとそれが沖に出ていくんです。ヒラマサって、そのタイミングで捕食スイッチが入るんです。

 

トップとシンペンを軸に、ミノー、メタルジグも投入

F! ルアーはどんなものを揃えればいいでしょうか。

渡邉 僕は主にトップウォータープラグ(ペンシルベイトなど)とシンキングペンシルの2種類を軸にゲームを展開していますが、最近はトップばかり投げていますが(笑)。誘い出す楽しみがありますし、魚の存在を確認しやすいので。ただ、日中はシンペンもよく釣れます。先日のロケでヒラマサを釣ったときも、あれは2本ともダイワのオーバーゼアでした。

F! その他に使うとしたら、どんなルアーを投げます?

渡邉 朝マズメにはミノーのただ巻きで反応が得られることも意外とあります。あとはメタルジグ。朝イチの時合いを逃してしまったときや活性が高くないときは、ヒラマサはボトム〜中層にいるので、そういったときはメタルジグは強いですよね。飛距離も出ますし。

 

ヒラマサは意外と身近なターゲット

F! ヒラマサというと夢の大物と考えているアングラーも多いですが、場所と道具を間違わなければ、意外と身近なターゲットだったりしますよね。

渡邉 そうなんです。しかも秋は外れが少ない季節です。この秋シーズンもすでに何度かポイントに出ていて、すべて何かしらの反応を得られています。人も多くなる時期ではありますが、ヒラマサは有名ポイントでなくても意外とその隣の磯なんかでバタバタ釣れたりすることもあります。ポイント開拓というのもひとつの楽しみだと思いますので、そのあたりも含めてぜひ秋のビッグワン狙いを楽しんでください!

 

渡邉長士
外房を拠点にライトゲームから大型回遊魚狙いまで幅広い釣りを楽しむ。先日公開された「THE MISSION」では最終回に93cmのビッグヒラマサをパワーファイトの末キャッチした

 

前編はこちら 
http://www.fishing-station.jp/news/technique/detail.php?id=247

 

使用タックル
[ロッド] ダイワ|SJ100H
[リール] ダイワ|ソルティガ4500H
[ライン] ダイワ|UVFソルティガ キャスティング8ブレイド+Si 3号
[リーダー] ダイワ|ソルティガリーダー タイプN 60LB.