秋イカは「時間帯」「雨」「レンジ」がすべて

2017/09/21
総合 テクニック
この時期ならではの要素を加味した攻略法をエキスパートが解説。

「時間帯」「雨」「レンジ」から、秋イカを考察

こんにちは。伊豆烏賊人の遠藤誠也です。まだまだ暑い日が続いていますが、イカがお過ごしでしょうか? 私のホームグラウンドの伊豆半島では、新仔サイズからキロUPクラスのアオリイカが混在する状況となっています。まだまだペアリング個体を確認していますので時期外れのデカイカがヒットする可能性もあるかも!と言った状況です。今後は台風が多く発生し、ウネリや雨が影響してくる季節でもありますが、日本海側では数釣りシーズン開幕したようで、今後にますます期待したいところです。

 

デイゲームの狙い方

さて、秋イカシーズンのエギングについて解説していきたいと思います。まずは狙い目のポイントについて。この時期の日中、天敵である青物の回遊が増えるため、アオリイカは漁港内の堤防際やスロープ、シモリ付近に長時間居つくことが多くなります。また船の係留ロープやブイに居るのをサイトで狙うのも良いでしょう。磯のポイントであれば、比較的穏やかなワンド内のシモリや海藻帯(アマモ、カジメ)などのストラクチャー周りがオススメ。また湾内やワンド内のポイントでは、上記でもお伝えした通り、ペアリング中の個体がいるので、良型狙いも有望です。

 

デイゲームと大きく異なるナイトゲーム

朝夕マズメ~ナイトゲームについては、天敵となる青物の回遊が無くなりアオリイカが湾奥から回遊し始めます。そこで、潮通しの良い外洋に面したポイントや港内の船道、岬の先端、深場と浅場が隣接するポイント、湾内やワンド内のミオ筋沿いなどがポイントとなります。ストラクチャーに付くイカを狙うデイゲームとは正反対に、この時期のナイトゲームは回遊待ちの釣りが中心になります。

 

 

「雨=ポジティブ要素」になりうる理由

この時期の注意点としては、やはり真水の流入です。台風や秋の長雨の影響で天候が優れない日が続くと、インレッド絡みのポイントはにごりや真水の流入により塩分濃度が下がり、アオリイカの反応が悪くなります。このように書くと「雨=ネガティブ要素」とも取れてしまいますが、私は逆の視点を持つようにしています。雨が降ったときはインレッドが無い場所を選べば良い、つまりポイントを絞りやすくなるということです。真水の流入の可能性がないポイントだけを狙っていけば良い訳です。さらに台風が絡んでくると、強いウネリが当たるポイントはにごりが入るため、そうしたポイントも除外することができます。真水とウネリ。これらが絡むポイントを除外していけば、雨時期のポイントは必然的に絞られてくるはずです。もちろん、そういった場所にアオリイカは集まってきますので。

 

狙うレンジは、表層と中層

「レンジ」についても、この時期だから意識しておきたいことがあります。それは、中層から上のレンジを狙うということ。なぜ中層より上なのか? アオリイカはエサとなる小魚は中層や表層を泳いでいますし、さらに小型のアオリイカの多いこの時期、ボトム付近は子イカを狙う根魚などが身を潜めていて、アオリイカには危険な場所となるのです。安全でしかもエサも豊富な中層〜表層がこの時期のメインレンジとなる訳です。

以上、私の経験を踏まえて9〜10月のエギングに効果的なテクニックをご紹介してきましたが、地域によっては禁漁期間や新仔の保護で胴長15cm以下はリリースを推奨する地域もありますので、ご注意ください。それでは、まだまだ暑い日が続きますので、釣果も重要ですが、水分補給やライフジャケットの着用など、安全第一で楽しい釣行をしてくださいね。皆さんの良い釣果をお祈りしています。

 

遠藤誠也
月間釣行回数は、ほぼ20日をキープ。圧倒的な情報量と経験を持つ伊豆半島のスペシャリストであり、トッププロも信頼を寄せる期待の若手アングラー。チーム「伊豆烏賊人(いずいかんちゅ)」所属。

 

使用タックル 
[ロッド] シマノ|セフィアCI4+ S906MH
[リール] シマノ|ヴァンキッシュC3000SDH
[ライン] デュエル|アーマードF+PRO 0.6号
[リーダー] デュエル|TB CARBONエギリーダー2.5号
[エギ] デュエル|EZ-Qキャスト3.5号(リアルイソスジエビ、ブルー夜光マーブルピンク)
[エギ] デュエル| EZ-Q ダートマスター3.5号(ケイムラエビ)
[エギ] ヨーヅリ|パタパタQラトル3.5号(ゼブラブルー夜行ピンク)