インプレ|定番ヒラロッド「アバリス106MH」PAGE2

2016/03/15
新製品
課題だった50cm前後のサイズもほぼキャッチ。足元でのバイトも克服した。

10ヒット0キャッチから“打率”が劇的に向上

さて、肝心な魚を掛けた後の話に移りたい。例の10ヒット0キャッチのポイントでこそバイトは得られなかったが、すぐ近くのポイントで2ヒット2キャッチ。さらに翌日も2ヒット2キャッチ。サイズはどれも天敵とも言える45〜55cmクラス。高額な買い物ではあったが、それも納得できるほど効果は覿面だった。魚の引きに合わせてティップだけでなくベリーからバッドにかけてスムーズに入るので、常にロッドが良い感じで曲がってくれる。変なハリがなく、魚が下手に浮き上がることもない。常に良い具合に魚の重さを感じることができて、バラシスパイラルの渦中にありながらも焦りはなく、妙な安心感を持ってやり取りできた。

 

突然のランカーヒラスズキ。このロッドの限界を感じる

ただ、良いことばかりといかないのがヒラスズキ釣りの難しさだろうか。事件が起きた(というほどのものではないが、個人的にはそれまでの順調な展開が寸断される「事件」だった)。良いサイズのヒラスズキが掛かってしまったのだ。その魚はとにかく太っていて、威勢の良い魚だった。フッキングと同時に走り出し、まったく止められない。ドラグを緩めて対処したが、明らかにリフトパワーが足りない。走られると竿がのされてしまう。下手にこちらから動くこともできず、ごまかしごまかしでようやくランディングまで持ち込むことができた。太くアカメのように体高のある魚だったが、長さは80cm。驚くほど大きい訳ではない。バリスティック ヒラであれば訳もなく獲れた魚だった。

 

結論

私は以来このロッドを使っていない。そしてバラシのシーズンを迎え、再びこのロッドのことを考えるに至っている。中〜小型のバラシにくさ、不意の大物への対応力の問題、それでも実際にはキャッチできたこと・・・色々と考えを巡らしてみる。完全なヒラスズキロッドは結局ないのだろうと結論付けようとしたとき、フッと感じたことがあった。まずが己の腕を磨け、と。腕があれば、この竿でもデカい魚に対処することもできたかもしれないし、バリスティックでもバラシは減らせたのかもしれない。タックルのせいにするは易し。この期に及んで自分の“悪い癖”を見直そうとしている。この春はタックルではなく、自分の腕と向き合いながらシーズンを過ごしてみようと思う。もう一度アバリス106MHも使ってみるつもりだ。何か新たな発見があるかもしれない。その時はまたこのページに追記したいと思う。

さて、なんとも自己完結的な終り方となってしまったが、文中ではなるべくこのロッドについて感じたありのままのことを書いたつもりだ。ぜひ購入の参考にしていただければと思う。

文=F!編集部

 

RIPPLE FISHER|AVARICE 106MH
長さ|10フィート6インチ
適合ルアー|〜40g
適合PE|〜2号
アクション|レギュラーファースト
重量|202g
価格|72,360円
HP|http://ripplefisher.com/original/ichiran.htm

 

PAGE1に戻る