産卵後の巨大メバルを「磯」から狙う

2015/03/12
総合 テクニック
アフターとはいえ荒食いシーズンのメバルの引きは強烈。メバルの活性も高く狙いやすいシーズンだ。

アフターの荒食いシーズンは「磯」が狙い目

ここ最近は季節の変わり目に差し掛かり、天候も不安定で海も荒れる日が多くなっています。皆さん、釣果はいかがですか? 僕は相変わらずライトゲーム、ブラックバスなど積極的に釣り場に足を運んでいます。さて、今回ご紹介しようと思っているのは最近マイブームになりつつある「磯メバル」。先日はサーフでの尺メバルゲームについてご紹介しましたが、今回は「磯」から狙うアフターのビッグメバルゲームについてご紹介したいと思います。

 

【フィールド】スリットや根、海藻帯のある磯

今回エントリーしたのは満潮時には水没していて満潮からの下げ潮で徐々に磯が露出してくる磯。またスリットが多く走っていて、海藻等も多く茂っていてその中に小さなシモリがポツポツと点在しています。そんなフィールドで足場が低く釣りがしやすい場所を選んで釣りをスタートしました。

 

【アプローチ】ストラクチャーまわりを丁寧に

磯でアプローチすべき場所はスリット、海藻まわり、根まわり、磯際など様々ありますが、ナイトゲームでは大抵のメバルは表層近くに浮いているので、これらの場所の上に1g前後のジグヘッド&ワームをキャストしてただ巻きで狙います。ただ、今回の釣行でもそうだったのですが、満月まわりや月がしっかり出ているような状況では、メバルは根などにタイトに付いていることが多いので、そのまわりをなるべくタイトに狙ったほうがいいこともあります。

 

【ルアー】ハードグラグも多用

また今回の釣行ではハードプラグも多用しました。ハードプラグに関して僕はシンキングミノーではなく、8cm前後のフローティングミノー、シンキングペンシル、ポッパーなどの表層系プラグを使用します。使い方はハードプラグに関してもワームと同様で、シモリやスリット部分をスローにリトリーブするだけでOKです。僕はまずプラグで着き場や水深・その日のパターン等を掴んで、そのあとにワームを投入するというローテーションで使っています。

 

【アタリとファイト】荒食い期のメバルの引きは強烈

アタリはかなり明確に出て、ほとんどが向こうアワセでフッキングします。またアフターとはいえ荒食いシーズンとなるとメバルも獰猛になり引きはかなり強烈です。小ぶりなサイズのメバルでも引きが強く、僕もランディングを何度も手こずることがありました。

 

多彩なゲストもまた魅力

また磯場でメバルを狙っていると、メバル以外の魚も釣れることが多くあります。代表的なのはガシラですが、クロソイやシーバス、そして意外によく釣れるのが・・・グレです(笑)。グレは港内でアジングをしていてワームで釣ったことは何度もありましたが、先日の磯メバルの釣行時に釣れたのは40cmの良型。この時期はグレも夜、浅瀬に海藻を捕食しに上がってきてるそうです。もしかすると、これからグレもルアーで狙って釣る時代がくるかもしれないですね(笑)。

 

幸田樹典
三重・紀宝町在住。ライトゲームを中心に、ブラックバス、青物など様々旬のターゲットを狙う。近年はボートアジングの開拓に注力。バレーヒルのフィールドスタッフ、ゼスタ、フィッシュアローテスターも務める。

バックナンバーはこちらから

 

使用タックル
[ロッド] ゼスタ|ブラックスターS68S 
[リール] シマノ|レアニウムC2000HGSドレス|ガドリング45mm 
[ライン] YGK|リアルデシテックスプレミアム WX8 0.3号
[リーダー] YGK|フロロリーダー GesoX 1.75号
[ルアー] フィッシュアロー|ハドルミノーハード 80S ※ウェイトチューン
[ジグヘッド] カルティバ|クロスヘッド1g
[ワーム] フィッシュアロー|フラッシュJ 1インチSW 
[ワーム] フィッシュアロー|フラッシュJ ハドル1インチ