近未来型を感じるプリウスのキャンピングカー

2015/05/13
総合 その他
いままでのキャンピングカーのイメージを覆す「近未来的デザイン」。

曲線を多用した近未来的エクステリアデザイン

軽自動車のキャンピングカーを特集した記事が大変好評いただいたが、今度は注目のキャンピング“ハイブリッド”カーが注目を集めているので、ご紹介したいと思う。「かーいんてりあ高橋」が発売する「プリウスリラックスキャビン」はトヨタのハイブリッドカー・プリウスをベースに作られたキャンピングカー。近未来的エクステリアに心奪われた方も多いことと思うが、曲線と直線を巧みに組み合わせたデザインは、さながら宇宙船のようで何とも男心をくすぐる。

 

4〜5人が就寝できる室内も「宇宙船感」が漂う

ただ、この車の真の魅力は外観ではなくキャンピングカーの本質ともいえるインテリアにあるといっていい。内装も角ばったデザインの中に曲線がうまく取り入れられ、こちらも宇宙船感満点だが、中にはテレビ、電子レンジなどを備え付け可能で、上部のリラックスキャビンと後部座席部分を合わせて4〜5人が就寝できる。また、大きなバッテリーを積んでいるプリウスがベースということで、100V/1500WのAC電源を使用できるのも嬉しいところだ。

 

普段使いもできるサイズ

そんなプリウスリラックスキャビンだが、キャンピングカーらしからぬサイズにも注目したい。全長は4,980mm、全幅1,745mm、全高2,050mm。全長については現行のトヨタ|ランドクルーザーが4,950mmなので、それとほぼ同等。幅はプリウスのサイズそのままで、高さも2.1mの高さ制限の立体駐車場に収まるサイズ。釣りやキャンプといったアウトドアだけでなく、普段使いにも十分対応できる大きさといえる。

 

気になるお値段は・・・

さて、気になる値段だが、ベースとなるプリウスのグレードによって423万円〜546万円(税抜)。プリウスを持ち込めば、240万円(税抜)でキャンピングカー使用に作り変えることが可能だという。決して安い価格ではないが、キャンピングカーとしてはまずまずお手頃な価格帯であるうえ、燃費や普段使いができることなどを考えると、キャンピングカーの購入を考えている方には一考に価する価格かもしれない。まあ、何より釣った魚を食べて、飲んで、こんな快適な車内でそのまま寝る。もちろん朝になれば釣りを再開。考えただけでなんとも贅沢な気分にさせてくれる車である。

 

文=F!編集部

 

CAR INTERIOR TAKAHASHI|PRIUS RELAX CABIN
サイズ|4,980mm(全長)×1,745mm(全幅)×2,050mm(全高)
価格|423万円〜546万円(税抜)
HP|http://car-taka.com/relaxcabin/