ダイオウイカ?|ついにルアーで巨大イカを捕獲

2014/09/19
総合 その他
怪魚ハンター・小塚拓矢さんの取材中に起きた出来事。789mの深海から上がってきたのは9.6kgの巨大イカだった。

ソルトウォーター誌の取材中に釣り上げられる

これは大事件かもしれない。水面から実に789m。はるか深海の世界から一匹の巨大なイカがルアーで釣り上げられた。この写真は20日発売のルアー釣り雑誌『ソルトウォーター』に掲載されているものの中の一枚。同誌の中村泰仁編集長によると、このイカは怪魚ハンターとしてお馴染みの小塚拓矢さんの連載企画の取材中に北海道浦河沖で釣れたものだといい、触腕の先までの長さは約2.1m、重量は9.6kg(一日後に計測)だったという。

詳細は同誌連載「近海の巨人」に譲るが、ダイオウイカだとしたら世界的なニュースといえる。果たしてその正体は。「最新号はDVDとカタログ付きで袋綴じになっているため店頭で中面が見られませんが、きっと皆さんに驚いてもらえる内容になっています」と中村編集長。希代の怪魚ハンターが何をやらかしたのか。ぜひ誌面をチェックしてもらいたい。

文=F!編集部