RED中村|ポジドライブG第2弾ルアー公開

2016/01/26
総合 新製品
前作「フリルドスイマー」とは真逆のベクトル。ボリューム感のあるボディでS字アクションを発生させる個性派。

ボリューム感&大きなS字アクションが特徴の「ジグザグベイト」

ルアーブランド「ポジドライブガレージ」を立ち上げたシーバスアングラー・RED中村さん。昨年末にはブランド第1弾となる「フリルドスイマー」が発売され、今後のさらなる活躍が期待されるが、第2弾ルアーについても徐々にその詳細が見えてきたのでお伝えしようと思う。「ジグザブベイト80S」と名付けられたルアーは前作のオールドスクールな雰囲気を継承。体高のあるボリューミーなフォルムに仕上がっていて、コノシロ、サッパ、ヒイラギなどのベイトパターンにマッチするという。

 

高速まで安定してS字アクションを発生。ロッドアクションへの反応も良好

特徴的なのは形状だけでない。このルアーの最大の特徴は大きなS字アクション。下の映像をご覧いただくとよく分かるが、ジグザグベイトの名前の通り左右へ大きくスライドしながら蛇行。秀逸なのはスローリトリーブからファーストリトリーブまでしっかりとS字アクションをキープしている点。この手のルアーは速巻きになると軌道が小さくなりがちだが、高速域でも水面から飛び出すことなく左右への振り幅を残している。ショートジャークなどのアクションにも機敏に反応しているのも好印象だ。

 

ダイワ|スイッチヒッターとの比較

重量は17gになる予定といい、マグネット式の重心移動システムを採用することで飛距離面も期待が持てそう。使用するフィールドとしては河川や干潟がメインとなりそうだが、港湾部や磯でもシーバスゲームでも良さそうな印象。個人的な感想としてはダイワのスイッチヒッターの動きをさらに大きくしたようなルアーというイメージも持った。両者ともボリューム感のあるフォルムとジョイントルアー並みのS字アクションが特徴だが、スイッチヒッターは泳ぎのバランスを崩させることでフラツキを発生させるタイプだとしたら、ジグザグベイトはきっちり泳ぎきる正統派優等生タイプといったところだろうか。

動きを極限まで抑えたロールアクションが特徴だった第1弾・フリルドスイマーとは正反対のベクトルともいえるジグザグベイトだが、発売は3月下旬〜4月上旬を予定。春のシーバスゲーム最盛期に、またひとつ注目ルアーが発売される。

文=F!編集部

 

POZIDRIVE GARAGE|ZIGZAG BAIT80S
全長|80mm
重量|17g
ウェイト|マグネット重心移動式
発売|2016年3月下旬〜4月上旬予定