フラペンに最小モデル登場|動画も同時公開

2015/09/25
総合 新製品

“フラップ”でシーバス界を席巻したフラペンの最新作

マリアの人気ルアー「フラペン」にシリーズ最小となる65mmモデル・フラペンS65が登場した。フラペンといえば、飛行中(キャスティング時)は閉じ、着水後リトリーブを開始すると開く“フラップ”を搭載する唯一無二のルアーで、独自に解析したベイトフィッシュの出す後方への波動を忠実に再現しているのが最大の特徴。また、飛行時にはフラップがたたまれることでシンペン級の飛距離を実現している。

 

激戦区の食い渋り時に効果を発揮する65mm。飛距離は平均50m超

今回発売されるS65も従来の85mmからサイズダウンしたものの開発スタッフによると平均50m超の飛距離を実現しているといい、サイズ的に喰い渋ったシーバス狙いに効果が高く激戦区でもかなりの実績を上げているとのこと。もちろんベイトフィッシュの“後方波動”を本作でも忠実に再現し、マイクロベイトパターンなどにもマッチ。S65用に新たに設定されたオリジナルのカラーラインナップにも注目したいところだ。

 

美しい仕上がり。先行公開の動画に注目

なお、今回ご紹介する動画はフラペンS65の発売に合わせて先行公開されたもの。美しい映像とダイナミックな水中映像で思わず釣りに行きたくなる“高まる”映像に仕上がっている。なお、本編は後日公開予定。追ってそちらもご紹介する予定なので、ご期待いただきたい。

文=F!編集部

 

MARIA|FLA-PEN S65
全長|65mm
重量|11g
タイプ|シンキング
価格|オープン
HP|http://www.yamaria.co.jp/cms/special/maria/fla-pen/index.html