「ふたつのテール」を持つアジング用ワーム

2015/08/06
総合 新製品
「アジクルー ダブルテール」。テールがふたつある理由、おわかりですか?

「カーリーテール」と「球状テール」が一体に

ハヤブサからこのほど、凝縮されたエビのエキス配合のライトゲーム用ワーム、3モデルが発売となった。それぞれに個性のある商品となっているが、注目は“ふたつのテール”を持つ斬新な「アジクルー ダブルテール」だろう。こちらはフックが刺しやすい太めのボディの後ろに「球状テール」と「カーリーテール」の2種類のテールが付いている。このふたつのテール、一方がもう一方の動きに干渉することで独特のアクションを生み出すのだという。カーリーテールは元来、一定の動きで規則正しくアクションしようとするタイプだが、球状のテールはどちらかというとイレギュラーに動こうとするタイプ。つまり、規則正しく動こうとするカーリーテールの動きが不規則な球状のテールの動きに乱されイレギュラーなアクションを発生させ、これがアジのバイトを誘うという仕組みだ。

 

ボディとテールの間の構造にも秘密が

ちなみにボディ本体とテールの間の構造にも少し秘密がある。一部細くなってくびれた部分があるのがお分かりいただけるかと思うが、これはテールの動きをより自由にするための工夫。ふたつのテールにそれぞれの役割をしっかりさせようとしているのだ。またこの部分が折れ曲がりやすくなっていることで、アジの吸い込みの邪魔にもならないのだという。なお、その他の2モデルについては、アジの好むイソメ類の動きとフォルムを意識した「アジクルー ニードルストレート」とメバルが捕食する小魚を意識した急テーパーの「メバクルー ジャコピンテール」。こちらもライトゲームファンはチェックしておきたいところだ。

 

HAYABUSA|AJI CREW DOUBLE TAIL
サイズ|1.9インチ
カラー|12色
入り数|8本
価格|オープン
発売|8月