コンパクトに収納|空気注入式カヤック

2015/07/31
総合 新製品
車の中に積載でき、収納場所にも困らないインフレータブルタイプ。

カヤックのデメリットを克服する商品

少し沖の手つかずのポイントを狙える。シーバス、タイラバ、エギング、ジギング・・・、各方面のアングラーから注目を集めているカヤックフィッシングだが、「積載」と「収納」の問題を気にしてなかなか手を出せない方も多いようだ。積載の問題とは釣り場に向かうときの車への積み降ろしに非常に手間がかかるということ、収納の問題とは釣りに行かないときかさばるカヤックをどこに置いておくかという問題だ。ただ、ここ最近はそのデメリットを克服しようとする商品が注目を集めている。以前には折りたたみ式の「オルカヤック」をご紹介したが、こちらはやや高額ながらまずまずのセールスを記録している模様だ。

 

インフレータブルタイプで収納も車載も問題なし

さて本日ご紹介するのはインフレータブルタイプの釣り用カヤック。ドッペルギャンガー アウトドアから発売される「フィッシングカヤックFK1-407」はインフレータブル(空気注入)式で、使わないときや移動中は空気を抜くことでコンパクトに畳め、先ほどの「積載」と「収納」の問題を根本から解決してくれる。同社ではこれまでにもインフレータブルタイプのカヤックを数種発売しているが、本商品はシート横幅を400mm確保するなど広いスペースを確保しているのが特長で、クーラーボックスなどもしっかり積載できる。

 

基本性能も高く、釣りにもマッチ

船底にはゴム製キールとエアキールも設けられていて、多少波があるラフウォーターの状況でも優れた直進安定性を発揮してくれる。またインフレータブルタイプというと強度面を心配する声もあると思うが、エアフロアは高圧に耐えられる硬質な構造を採用し、しっかりと空気を入れることでボディのたわみや曲がりも発生しないという。その他、ロッドホルダーやリーシュなど各種小物を装着するのに便利なDリングも装備。ちなみに価格は10万円(税抜)。決して安くはないが、積載や収納の問題、そして釣果を考えると割安なのかも。                                       

文=F!編集部

 

DOPPELGANGER OUTDOOR|FISHING KAYAK FK1-407
展開時サイズ|約3140×910×450mm
収納時サイズ|約300×750×500mm
重量|約21kg
素材|ラミネートPVC(底面1.5mm、側面0.9mm)
付属品|フットポンプ、オール、ポケット付シート、専用キャリーバグ、リペアキット
価格|108,000円
HP|http://www.doppelganger-sports.jp/product/fk1_407/

 

【関連記事】
車内積載可|超コンパクトになる収納式カヤック
「水中が丸見え」な透明ボディのカヤック