チヌ|本当に釣れる「底ズル系ルアー」5選

2015/06/29
総合 新製品
売れ筋アイテムから今シーズン注目の新製品まで、全5アイテムをご紹介します。

本格的なシーズンを迎えるチヌゲームに使いたい「底ずる系」

こんにちは。キャスティング市原16号店の原田です。毎月、本当に売れているモノをご紹介するこちらのコーナーですが、今回はここ2、3年で一気に人気に火が付いたチヌ(クロダイ)ゲームの商品をフューチャーしてみたいと思います。中でも今回は全国的にメソッドが確立しつつある「チヌラバ系」「底ずる系」の売れ筋アイテムの紹介をしていきますので、ぜひ参考になさってください。

 

アピア|チヌパラドッチ
倒れてもすぐに起き上がる「おきあがりこぼし」システムにより常にフックが上向きになるのが特徴。そのため小さなバイトもでのフッキング率が向上します。またヘッド形状に小さなくぼみがあるため流れがある場所でも安定したアクションを実現するのも特徴。そんな理由からキャスティング各店で安定した人気を誇る商品ですが、従来の5、7gに加え今シーズンは新たに10gがラインナップ。こちらは夏頃の発売を予定しています。個人的にはワームをトレーラーとしてセットするのがオススメです。

 

ジャクソン|ちぬころり
こちらもボトムで「立つ」ルアー。尻尾の部分にウェイトを搭載することでボトムでルアーが立った姿勢を維持、根掛かりを軽減させます。またウェイト部がラウンド形状で、しかもフックも付属のチューブを装着することでフックを常に上向きに固定できるので、ゴロタ周りなどでのタイトなアプローチが可能となり、フッキング率もアップ! 今年は新たに3色のNEWカラーがラインナップしています。

 

シーシーベイツ|根魚ボンボンチヌスペシャル
元祖チヌラバといえばこちらの商品。独自の高浮力樹脂発泡素材を採用しボトムに着くか着かないかという紙一重のレンジの攻略が可能! お店でも根強いファンの多い商品。リピーターが多いのも特徴です。ウェイトも豊富にラインナップされているので幅広いフィールドに対応します。

 

ダイワ|チヌ魂
こちらもおきあがりこぼしシステムを採用し、根掛かり回避性能を高めたルアー。樹脂製のソリッドボディと低重心ウェイト設計により自立性能を高めているのが特徴で、起伏の激しいポイントでも扱いやすい印象です。樹脂製ならではのナチュラルな動きにも定評があり、リフト&フォールなどのアクションへの追従性も非常に良いです。クロー系のワームなどをトレーラーセットした使い方も個人的にはオススメ。

 

シマノ|ネガカリノタテ
根掛かり回避性能を突きつめるこのカテゴリーのルアーにあって、独特のシステムを搭載しているのがこちらのルアー。フックをガードするように「盾型」のウェイトを採用し、ブリブリと泳ぐのではなく、ボトムを舐めるように、滑るようにアクションさせることが可能。かといってアピール不足ということもなく、後方にウェイトがあるためヘッドを左右にスイングさせながらアピールします。今シーズン注目したいニューカマーのひとつです。

暑くなるにつれてますます熱くなるチヌゲーム。今回はチヌラバ系のご紹介でしたが、キャスティング市原16号店ではその他にもチヌ用のポッパー、バイブレーションなどチヌの実績ルアーも豊富に取り揃えています。釣行の際などお近くにいらっしゃるときには、ぜひお立ち寄りください。旬な情報を揃えてお待ちしております!

 

原田恭平
キャスティング市原16号店勤務。シーバスゲームを始め、サーフのフラットフィッシュや河川のクロダイ(チヌ)ゲームまで幅広い釣りを楽しむ(どの釣りをやらせてもとにかくうまい!)。豊富な情報網と確かな腕で多くの有名プロアングラーも信頼を寄せるアップカマー。