昌栄が新型ランディングフレームを発表

2015/03/02
総合 新製品
先端が尖った形状が特徴。狭い場所でもフレームが入りやすくするための工夫だ。

こだわったのは「形状」と「角度」

ランディンググッズでお馴染みの昌栄(Tool)から新型ランディングフレーム「イーノプラス」が発売された。写真でもわかるように先端部分が少し狭まりつつ突起した形状が特徴。これは従来の形状では引っかかってしまうようなテトラや小磯などの狭まった場所でも可能な限り魚に近づけられるよう配慮した結果。

 

フックがネット絡みづらい設計に

また真横から見ると少しフレームが曲がり角度が変化していてのがわかる。これも従来品からの改善点。従来の水面への入射角の浅いフレームではネットが水面に近づいて、ランディング時にフックが引っかかって魚をバラすことがあった。この微妙な「曲がり」はこれを防ぐためのもので、少しでも水面からネットを遠ざけるための工夫だ。貴重な一尾をキャッチする確率を少しでも高める工夫が詰まった新型ネット、これからのシーバスシーズンのスタートに合わせて新調してみるのもいいかもしれない。

文=F!編集部

 

SHOEI|LANDING FRAME INO+
サイズ|W530×L690mm
重量|339g
カラー|レッド、ブルー、チタン
HP|http://www.siyouei.co.jp/