根掛かり回避性能を極めた“立つ”ルアー

2014/08/06
総合 新製品
フックが常に浮き上がる形状。クロダイのボトムゲームで公開を発揮しそう。

常にシンカーは下に、フックは上に

ハヤブサから、クロダイなど様々なターゲットを狙える新型ルアーが登場。「ボトムアーム」は下部にシンカーが装着され、そこからアームが伸びて上部にラバーとフックが付く新しいタイプのルアー。スピナーベイトのような形状だが、着底時にはシンカーが常に下に、フックは上にくるように設計されていて、高い根掛かり回避性能を発揮する。

 

クロダイ、ロックフィッシュゲームに

やはりこの時期は、ボトムベッタリを引いてくるクロダイゲームに使いたいところだが、根の荒い場所でのロックフィッシュゲームにも良さそう。そのままでの使用が基本だが、フックにはワームを装着することもでき、よりアピール力をアップさせるという選択肢もある。使い方によっては様々な可能性がありそうな「アームルアー」とでも呼ぶべき新ジャンルルアー、大ヒットの可能性もありそうだ。

 

HAYABUSA|BOTTOM ARM
重量|5、7g
カラー|5色
価格|オープン