プラッギング用シングルフックの可能性

2014/07/11
総合 新製品
プラグ用シングルフックという選択。その可能性を考えてみる。

プラッギングに特化したシングルフック

カルティバからショアプラッギングゲーム用のシングルフック「プラッガーシングル」が発売される。ヒラスズキ、マルスズキ、小型青物狙いを前提に開発されたフックで、サイズは1/0、2/0、3/0、4/0の4サイズ。フッキングの安定性を高めるためにアイの形状はプラグの泳ぎに合わせたティアドロップ形状に、また対象魚の口の大きさに合わせてゲイブはやや広めにとってある。

 

あえてシングルを選ぶメリット

針先が魚にコンタクトする確率は、当然、針先が3つあるトレブルフックのほうが高い。しかし、トレブルではなく、あえてシングルフックを選択するメリットがある。以下にいくつか挙げてみよう。

・深掛かりするため、一度刺さればバラしづらい
・強度のある太軸のフックを使える(それぞれのルアーには適したフックの重量があり、重 量を3本の針に分散させるトレブルよりシングルのほうが太く大きいものを使える)
・根掛かりする確率が減る
・無駄な掛かりがないため、魚に優しい

 

「フッキングしないと始まらない」or「キャッチできないと仕方ない」

平たくいうならば、フッキング率を高めようとすればトレブルに、キャッチ率を高めようとするならばシングルに分がある。トレブル派からすれば「フッキングしないと始まらない」ということになるだろうし、シングル派からは「キャッチできないと仕方ない」ということになる。

ただ、魚の活性が高く、魚がルアーを丸飲みにしてフッキング率が高い状況などでは、キャッチ率・耐久性などを考慮するとシングルが有利といえる場面があるのも事実。さて、皆さんはどのように考えるだろうか。それでもやっぱりトレブルオンリーでいきますか?

文=F!編集部

 

CULTIVA|PLUGGER SINGLE
サイズ|1/0、2/0、3/0、4/0
適合ルアー|〜9cm(1/0)、〜11cm(2/0)、〜13cm(3/0)、〜15cm(4/0)
価格|648円